壊れた経済システムを修理せよ(ガーディアン紙の記事訳)

持論

ガーディアンの見方では、最もリッチな人はもっとリッチになった

:壊れた経済システムを修理せよ

社説

 

2021年5月21日金曜日 18時16分 英国夏時間

 

サンデイタイムスのリッチリストは、英国の使いやすい社会のX-レイを提供した。それは、調査対象を傷つけることなく、ハイソな社会の中身を見るジャーナリズムの道具だ。最近の調査-最もリッチな人はさらにリッチになった‐では、喪失と倦怠そして困難さのコヴィットの年を耐えた多くの人に向けて発表された。このプレビューは金曜日に発表されて、それは12か月早く24人のビリオネアが今増えたことを示し、それはこのリストができた33年前以来の幾年かよりもすごく増加している。パンデミックの間のそのような富の集中を作り出したことは、悪いほうへ向かう経済システムの欠陥を示すものだ。

今年の早い段階で、レゾリューション・ファウンデーションは、英国のショッキングなサイズの富のギャップを明らかにした。2016年から2018年の間、人口の40%の富の網の堆積はゼロだった。ファウンデーションは、もし中間の家庭のすべての可処分所得を、少なくとも400年分蓄えるならば、その額は最もリッチな1%の人たちの富の平均と同じだと述べている。まだこれは全体ではない。このシンクタンクは、このリッチリストを使って、最もリッチな人々が、彼らの豊かさを、項目別に、彼らが国の統計担当者に十分な報告を与えているかを調べた。そしてそれはそうではないということを示している。公式な宣言では2018年のトップ1%の富の取り分は、18%になっているが、それは実際は少なくとも23%だ。富のギャップはただ大きく口を広げている。

リッチリストのハイライトは、オンラインの小売業者のオカドのようなパンデミックのビジネスの勝者で、それは同時に敗者でもある。ウェストミンスター公爵の資産の帝国のように。会社の上下は何が起こっているかの説明にはならない。家庭の富の増加量は落ちて、ビジネスの思考力よりも金融資産の価格は上がっている。パンデミックが非常に好都合だった資産のオーナーは、政府の動きに感謝している。資産のオーナーの市場占有率は一年前より17%高い。それは低インフレの世界での産出を探すことにより吊り上げられている。過去12ヶ月で10.2%家の価格は上がり、それはこの14年間で最も高い年次の成長率で、財務大臣のスタンプ義務の祝日に、それは助けられている。そこでは、もし一人が幸運にも十分うまくいっているのなら、誰かの富の価値の増加を十分にする必要はない。

アダム・スミスは、ホッブスを引用した。そこには“富はパワーである”と書かれている。リベラルな民主主義おけるリッチな人は、他のなにより彼ら(リベラルな民主主義おけるリッチな人)の利益を遂行する“友達と従者”を買うことができた。そのような人間は、活動的な経済の役割を演ずるのではない。:彼ら(リベラルな民主主義おけるリッチな人)は金で買うことのできるパワーだけを必要としている。これは、英国の進路としては悪い場所だ。少し不思議なのは、UKの半分の有権者が、経済システムの大規模な変化か、完全な変革が必要だと信じていることだ。

フランス人の経済学者トマ・ピケティは、こう主張する。もし、資産の収益率が経済成長と人口増加を越えるならば、その時、最も富む人、最も富む人たちの間の年配の人たちは、他をよせつけないレースをするだろうと。ピケティの仕事は今日の経済モデルによりもたらされた問いに答えを持っている。第二次世界大戦の終わりの後の10年間で、経済成長はスポイルされより均一に分配された。そのような望ましい結果は政策の選択に反映された。広がりを助けられた富の果実は、ハイレベルな労働組合の結成、強い交渉の権利を持つ労働者、累進課税の事業計画、そして主要な工場の国有化だった。

こんにち問題にぶつかる。ピケティは提案に福祉プログラムの拡大を付け加えている。ある仕事は、富の相続による優越を削減する事業計画とメカニズムを保証する。これらのアイディアはその時が来た。富のギャップを成長させ、不平等の増加させる多くのケースのうちの一つは、確かに、政府の重要性をけなす、経済原則の存在だ。それは良い社会のために再思考する時にある。

 

訳した元の記事

www.theguardian.com