安全な水とは?

 映画「フロウ~水が大企業に独占される~(原題:Flow For Love Of Water)」を観た。この映画は我々の生活に欠かすことのできない“水”についてのドキュメンタリーである。

 この映画を簡単に要約するとこうだ。我々の生活の源である水は、現在汚染されてしまっている。我々が清潔な水を使おうとすれば、その水を売買している大企業にお金を支払う必要がある。お金がないとどうなるか?水は大企業のものであり我々は水を得られない。しかも、その企業が売り出している水が清潔なものとは限らないが…。

 この映画ではまず我々の使う水が既に汚染されていると警告する。そこで説明されるサイクルはこうである。人間が物質を摂取する(この段階で既に汚染物質を取り込んでいる?)。人の肝臓で除去された化学物質は、トイレから流れ、下水処理の後河川に流れる。そしてその水は再び汲み上げられ、水道供給システムを通じて蛇口まで運ばれる。つまり、汚染物質は人間の体から排出された後も残り、再び人の体の中に入る。負の循環である。

 しかも発展途上国ではもっと酷い状態である。特定の大企業(スエズ社、ヴィヴェンディ社)が水を所有して、経済的に貧しい住民に彼らが購入できないような金額で水を売りつけているのである(アフリカなど)。

 またこんな例もある。企業は水を高額で売りつけるだけではなくて、その水が汚染されているというのである(ボリビアなど)。

 またダム建設も問題になっている。ダムの基本目的は貯水であり、飲料水や農業用水の需要に対応でき、水力発電も行うことができる。しかし、ダムで水を堰止めたり、川の流れを変えることで生態系を壊している。生物の餌になる有機物も川の水の中にあるが、ダムがあるとその有機物がダムで堰止められた川の水の中に堆積して、餌になるはずだった有機物が腐ってメタンガスを発生させる。メタンガスは主要な温室効果ガスの一つである(インドなど)。

 水を大企業が独占しているのだが、その施設は施設が設立される国の公共事業によって作られている。そこに融資をしているのは世界銀行やIMF国際通貨基金)であるが、それは事実上発展途上国に借金をさせているということである。彼らは国を破綻させようとしている。

 また、ネスレコカ・コーラといった大企業も水の問題と関わっている。コカ・コーラ発展途上国で、工場を設立し、地元の水を使い、その水を枯渇させ、人々の住む土地を奪っている(インド)。

 ネスレはアメリカ、ミシガン州でボトル水工場を作りその土地の自然の水を使っている。そのせいでその地域の水の量は減っている。工場の取水量は毎分1700リットルである。

 水道水が汚染されていて、ボトル水が安全だというが、ボトル水が水道水だったり、ボトル水からヒ素バクテリアが発見された例もある。安全な水とは何で、それは一体どのように生活したら得られるものなのだろうか?