読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コントロール欲

映画「ミッション:インポッシブル(原題:Mission Impossible)」を観た。

この映画はアメリカのテレビドラマ「スパイ大作戦」の映画化作品で、1996年の作品である。映画の舞台は前半では主にチェコ共和国の首都プラハであり、映画の後半ではアメリカ合衆国ヴァージニア州ラングレーである。

この映画はテレビドラマ時のタイトルにもあるように、スパイが活躍する映画である。この映画で主役となって活躍するスパイは、アメリカ合衆国のCIAの特殊作戦部隊のスパイで、通称IMFというスパイ・グループである。

この映画では主に4つの力が対立しているとみることができる。その4つの力とは①IMF②CIA③武器商人マックス④IMF(CIA)の裏切り者である。

CIAでは数年前から機密情報が外に洩れるようになっていた。そこでCIAは、CIAの情報を盗み出したアレクサンダー・ゴリツィンという男をでっちあげて、ゴリツィンが盗み出した情報が欲しい武器商人マックスがIMF職員を買収して、その買収した職員を使って、すでにゴリツィンが持っている情報とは別のCIAの情報を再度盗み出そうとしているゴリツィンを捕まえるというCIAが設定したう嘘の機会にマックスが買収した職員を送り込んでくるところを捕らえようとする作戦を立てていた。

つまりCIAは、武器商人マックスがCIAの情報を欲しがっているのを知っており、又、マックスがCIAの職員を買収しているのも知っていた。CIAの機密情報をマックスに洩らしているのは、CIAの中の裏切り者である。その裏切り者を捕まえるために、CIAは嘘の作戦を作り上げて、そこに嘘のCIAの情報を餌として与えたのである。

そのCIAのたくらみによって裏切り者として浮上したのは、IMFのイーサン・ハントであった。もちろんCIAの裏切り者はハントではなく、他のIMF職員である。

この映画では、裏切り者とCIAに示されたハントが自身と協力者たちによって、本当のCIAの裏切り者であるジム・フェルプスとジムの妻であるクレアとクリーガーを見つけ出して退治するという展開がみられる。

CIAの裏切り者たちのなかでリーダー格のジム・フェルプスはこう言う。「昔は冷戦があって、諜報員が国をコントロールする力を持っていた。しかし今ではアメリカでは大統領が力を持っていて、諜報員の思うように国は動かせないから面白くない。それに今の妻にも飽きている。だから大金を貰って好きなように暮らすんだ」と。

CIAの職員は国と言う大義のために働いているのではなかった。支配欲が職員たちの生きる糧だったのである。