崇高さに狂わないこと

映画「栄光のランナー/1936ベルリン(英題:Race)」を観た。

この映画は2016年のアメリカ、ドイツ、カナダ合作映画で、1936年のベルリン・オリンピックで4種目(100メートル、200メートル、走り幅跳び、リレー)で金メダルを獲得した黒人陸上選手ジェシーオーウェンス(正式名ジェームズ・クリーブランドオーウェンス)のその時の活躍を描いた映画である。

1936年は第一次世界大戦第二次世界大戦との間の時期で、ドイツはユダヤ人大虐殺を引き起こしたナチス・ドイツが勢力を維持していたし、アメリカ国内では黒人の人種隔離政策が堂々と行われていた。

この映画の英題であるraceには競争という意味と人種・民族といった意味がある。この映画のタイトルが意図していることは明らかである。

映画のタイトルRaceには2つの意味があると言える。オリンピックで競争することを指す意味と、世界で公然と行われている人種差別を指す意味とだ。

ジェシー・オーエンスはrace(競争)することで、racism(人種差別)と戦ったのである。そして競技への信念を通じてジェシーは人種差別を超越してしまったのである。

ジェシー走り幅跳びでドイツの選手と決勝を戦うことになる。その決勝にたどり着くには、そのドイツ人選手の助けが必要だった。それはこういうことだ。

ジェシー走り幅跳びをする際にいつもふみ切りの位置を遠くからでもわかるように、ふみ切りの横にハンカチを置いた。ドイツ大会でもハンカチを用意しようとしたが、その際にファウルをとられて、一回幅跳びをしたことになってしまった。

そこで困っているジェシーを見て、ドイツ人選手がふみ切り板の横にハンカチを目印として置いてくれたのだ。そのドイツ人選手の名前はルッソ・ロングという。

選手たちの周囲の人間は政治やビジネスにからめとられて選手たちが持つようなスポーツマン・シップを持つことはないとみられる。

しかし、それは選手たちも同じことではないのだろうか?

人はいつも政治やビジネスの渦中で暮らしている。選手であろうが、ビジネスマンであろうが、国際五輪委員でも同じことである。選手だって相手の選手に政治的憎しみを抱くこともあるかもしれない。

しかし、映画中の選手たちはその暗い部分を乗り越える。選手にはメダルという共通の目標がある。その前で血みどろにならずにいられる選手は、当然敬意の対象になるべきである。

ゾンビを殺せ!!

映画「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド 30周年記念バージョン(原題:Night of the Living Dead:30th Anniversary Edition)」を観た。

この映画は1968年の映画である「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド(原題: Night of the Living Dead)」の30周年を記念して作られた1999年の映画であり、この映画の1968年版の脚本を担当していたジョン・A・ルッソが新たに15分の追加撮影を加えて再編集したものである。

この映画はゾンビ映画であり、ある日突然登場したゾンビがどんどん増えていき、ゾンビに追われながら逃げ延びたベン、バーバラ、トム、ジュディ、ハリー、ハリーの妻、カレンという3人の男と4人の女が(女の子を含む)が、田舎の一軒家に立てこもるという話である。映画の中心となるのはアメリカの東部である。

この映画の中にはヒックスという神に仕える男が出てくる。その男はこう言う。「全能の神を信じる者は不滅の魂を得る」と。不滅の魂を得た者とは何者か?それは一応ゾンビであるということができる。なぜならゾンビとは一旦人が死んで再び蘇ったものだからである。

ゾンビは通常の人間よりは不滅の死に一歩近い。しかしそのゾンビは既に一応と記したように人間に頭を砕かれると死んでしまう。つまりゾンビは神のことを信じておらず、死が訪れる存在なのである。

ゾンビとなる前に神を信じていた。ゾンビとなり人を殺して食った(食いたいと、殺したいと思った)。つまりゾンビとなることは神に背くことなのである。一度ゾンビになって蘇ることにより神に救われたかに見える人間は、結局は神に背くゾンビとして生き返ったに過ぎなかった。

不滅の魂とは単なる神のいたずらに過ぎないのではないだろうか?

映画の最後にヒックス師が「神を信じていない者は地獄で焼かれるがいい」と言うが、ゾンビも人間も地獄で焼かれるのかもしれない。なぜなら人間は今や信仰より科学や技術に夢中だし、ゾンビは人を殺す。どちらもヒックス師の祈る対象である神にとっては罪人だからだ。

映画中ショッキングなのは、ラストのゾンビと疑わずに動く人影を撃ち殺すシーンである。「目と目の間を狙え」と保安官が言うと自警団の男が、黒人の生存者ベンを銃で撃ち殺す。もしベンが白人だったら、白人から成る自警団の人々はベンを助けたのだろうか?

最期のシーンの強烈さによって、ゾンビ狩りは黒人をリンチして殺していた時代のアメリカを思わせるものとなる。白ならゾンビでない?黒ならゾンビだ?

同じケースが、男性だと正常、女性だと狂人とされることについて

映画「リリス(原題:Lilith)」を観た。

この映画は1964年のアメリカ映画で、精神病院に入院をしている統合失調症の患者であるリリーと、その施設に勤める作業療法士ビンセント・ブルースとの恋愛とその恋愛の終わりまでを描いた映画である。

この映画の中に登場する人物リリスの人物設定には元となる像が存在するように思われる。それはユダヤの伝承において男児を害すると信じられていた女性の悪霊、その名は全く同じなリリスである。

様々な文献からの情報によるとリリスは、男の子を害し、男性を誘惑する、男性への復讐を誓った女性の悪霊である。

映画中のリリスも男子を困らせる女性として描かれている。

映画中のリリスはビンセントを困らせるために、他の女性と寝たりするし、また子供の男の子を困らせることをする。まだ十代前後の男子にセックスを連想させるキスをしたり、男子に小遣いをあげて私(リリス)の言ったとおりに小遣いを遣ったか来週チェックするわよと困らせる。

映画中のリリスは意図的に子供やビンセントを困らせているというよりも、その態度の理由をリリスの精神的異常のせいだと描いているように見える。つまり狂った人そのままの姿がリリスなのである。

映画中リリスは「私は愛しはしない。ただ自分の喜びが大切なの」というような発言をする。リリスは自分の喜びを追求するため、愛のために自身を束縛するような愛はいらないと言うのである。これは愛により他者を束縛して家庭を持つような男という種にとっては、とても耐えられないことである。

相手の愛を自分のものとしたい男(この映画の場合はビンセント)にとっては、リリスのような奔放な女性は男性の思うようにコントロールできない不都合な存在なのである。

映画中のリリスはただ狂女として描かれているために男性を傷つけることへの責任は問われはしない。精神異常者に健常者と同じ態度をとることは時として退けられるのである。

ユダヤの伝承にある悪霊リリスは女性解放運動の象徴の一つともなってる。なぜリリスが女性解放のシンボルとなるのか?それは『ベン・シラのアルファベット』という文献の中に理由があると思われる。

アダムの鋤骨からイヴが誕生する前にすでに女性がいた。それがリリスである。リリスは同じ土から作られたアダムとリリスを対等であると主張したのである。

男と同じ地位を求める女性像は悪霊となる。この映画でリリスが狂女として描かれているように、社会は女性の自立を認めようとはしていない。

芸術と理想の家族を生きる

映画「さようなら、コダクローム(原題:Kodachrome)」を観た。

この映画は2018年のアメリカ映画で、写真家とその息子の音楽プロデューサーと写真家の専属の看護師を中心として描かれる、ロード・ムービーである。

ロード・ムービーとは、人生の挫折をした人間が再起をかけて旅に出るという映画である。挫折と再起。そのためのアメリカ大陸の長い道路。

この映画の主人公は、音楽プロデューサーの写真家の息子であるマットである。マットはアルバム主体の作品創りをしている古いタイプの音楽プロデューサーであり、今や会社をクビ寸前である。

写真家の看護師のゾーイは結婚に失敗している。そしてマットの父である有名な写真家のベンは、肝臓癌で死が近づいているのだが、自分のことを気にかけてくれる人がいないという状況である。

ベンは基本的に家族という機能を信じていない。ベンは家族の理想像を破壊する人物である。節制も利他愛もベンにとっては芸術の次に来るものである。ベンは理想の家族像よりも、芸術という理想を生きる人物である。

しかし、ベンも自分の死と向き合った時に、家族というあり方の良さのようなものにひかれていくのである。ベンにとって芸術がすべてであるはずだったが、芸術だけでは満たされない部分があったのである。

その満たされない部分を満たしてくれるのが何かベンは気付いていた。ベンが弱り果てた時も、金銭的な関係からではなく、近くに居てくれる人、近くに居て欲しい人とは誰であろうか?ベンはそう考えたに違いない。

ベンは家族という理想を他の多くの人々と共有するのを拒否して生きているかに見える。

しかし、ベンは家族という理想像を拒否しながら、内面では(見えない心の中では)肯定しているのである。

ベンはマットに、ベンとマットとゾーイの3人でのアメリカの旅を申し出る。ベンはいくつかの口実を作ってマットを旅に誘い出す。コダックのフィルムの現像ができなくなる前に一緒に現像しにカンザスパーソンズに行こうだとか、マットの仕事の手伝いをするとか。

しかし、それはただの口実に過ぎない。ベンにとってマットの存在が重要なのだから。

ベンは芸術家としての孤高さを最期まで生き抜くと同時に、ベン自身が捨てた家族という理想像を生きようとした。ベンの行為は矛盾している。

それは存在しているかのようで存在していなく、存在していないかのようにして存在しているものである。そう、すべては曖昧なのである。その曖昧なものに、明確なレッテルを貼ろうとする時に、齟齬が生じてしまうのではないか?すべては緩やかに存在しているのだから。

性と暴力

映画「郵便配達は二度ベルを鳴らす(原題:The Postman Always Rings Twice)」を観た。

この映画の元となっているのは1934年に出版されたジェームス・M・ケインの同名小説で、この小説を元として同じタイトルの映画が、この1981年制作の作品以外にも他に3つ(1939年、1942年、1946年)ある。

この映画はアメリカ映画で、フランクとコーラという2人の男女の愛憎劇を描いたクライム・サスペンス・ドラマといったものである。

ガソリンスタンドとレストランを経営するニック・パパダキスとコーラ・パパダキスの元に通りすがりのフランクという男がやって来る。フランクはニックがいない時にコーラを強引に迫りコーラと関係を持つ。

コーラはそのうちにニックを殺してフランクと共に生活するという道を選ぶ。ニックを事故に見せかけて殺したフランクとコーラは愛し合いつつ、憎しみながら映画のラストのコーラの事故死による2人の訣別まで過ごすのだった。

この映画で印象的なのはセックスと暴力の描写とその関係である。この映画では何度もセックスシーンが描かれる。そしてそのセックスシーンは暴力的な状況から引き起こされるのである。

この映画では暴力とセックスが類似するものとして描かれている。“穏やかに見つめ合う2人が、次第にセックスへと流れ込む”という描写はこの映画の中ではあまり見られない。

ほとんどのセックスは相手を無理に抑え込んでセックスしようとする男フランクに抵抗する女コーラという前提から生じる。つまり男の方が強引に女を抑え込んでセックスするのである。暴力的なセックスがここに見られる。

フランクとコーラはエロスとタナトスにより動かされているような人たちである。性欲と破壊的欲求(つまり暴力)に支配されているのがフランクとコーラなのである。

コーラの夫ニック・パパダキスは決して人間的魅力に満ちた優しさの溢れる男ではなかったかもしれないが、この映画ではニックはあまりにも哀れである。

ニックはギリシャからの移民でこうぼやく。「この国にはチャンスはあるが、心がない」「皆外国人を馬鹿にする」と。

アメリカは移民の国である。コロンブスによるアメリカ大陸発見に端を発して、ヨーロッパの国々からアメリカ大陸へ、人々の入植が始まる。15世紀からアメリカ大陸への入植が行われ、黒人奴隷の貿易も17世紀ころから既に始まっていた。

アメリカはネイティヴ・アメリカンを殺して土地を奪うことにより生まれた国である。移民が移民を馬鹿にするのがアメリカなのである。少なくともこの映画では。移民として差別したり、ネイティヴ・アメリカンを殺すのはアメリカのご都合主義なのだろs

Blow Up(欲望)とBlow Out(ミッドナイトクロス)

映画「ミッドナイトクロス(原題:Blow Out)」を観た。

この映画は1981年のアメリカ映画で、映画の音響効果の仕事をしている主人公ジャック・テリーが野外で効果音に使用する素材を録音中偶然に、大統領候補として出馬すると思われていたマクライアン知事が車で事故死するのに遭遇するというところから映画は展開していく。

この映画は1967年の欲望(Blow Up)から強い影響を受けている。欲望(Blow Up)も主人公のカメラマンが野外での撮影時に撮った写真の中に殺人事件の証拠となるものがあったという振り出しで映画が始まる。

ミッドナイトクロスの原題「Blow Out」と欲望の原題「Blow Up」はOutとUpが違うだけで、どちらの熟語の意味も「爆破する」という共通の意味を持つ。欲望Blow Upの方は写真を「引き伸ばして」殺人の証拠が見つかるので、Blow Upという熟語の「引き伸ばす」という意味が映画の内容を象徴している。

それに対してミッドナイトクロスBlow Outの方は「吹き消す」「パンクさせる」という意味が映画の内容を象徴しているようだ。

ミッドナイトクロスの仕組みはこうだ。女を使って、結婚している男をそそのかし、その写真を撮って男を脅し、お金を盗るとういような事をなりわいとしている集団がいた。その集団が仕事の依頼を受ける。仕事の依頼者はマクライアン候補を陥れたいと思っている人物である。そしてそこにある精神異常をきたしていると思われる愉快犯が絡んでくる。

男を陥れる集団は、マクライアン候補を誘惑し、写真を撮るのだが、そこに殺人愉快犯と思われる精神異常者が介入してきてマクライアン候補を殺してしまう。

そしてその愉快犯は殺人に便乗して、今度は候補のスキャンダル写真を依頼した相手に「都合が悪くなったでしょう?だから女を殺す」と言う。そして愉快犯は証拠隠滅の理由を盾に「愉快犯にみせかけた殺人とする」と依頼元に宣言し、女性の連続殺人を行う(証拠を知っている女だけでなく、その他の関係ない女を殺して愉快犯に見せかけるという根端)。

「吹き消す」の方の意味は、依頼者が依頼したのがばれたくないから証拠を隠滅するという意味である。

では「パンクさせる」というのはどこから来ているかというと、男を陥れる集団が撮影の際に2人の乗っている(女とマクライアン)車のタイヤを撃って「パンクさせる」ところから来ている。

欲望(Blow Up)を元に、Blow Outを作り上げてしまった監督デ・パルマには驚かされる。

貧困とは惨めなものだろうか?

映画「ラスト・ショー(原題:The Last Picture Show)」を観た。

この映画は1971年のアメリカ映画でサニーという少年が高校を経て仕事に就くまでの期間を描いた映画である。

この映画の主人公サニーの父は薬物依存症者であり、父は定職に就いていないようで、家にも帰って来ないようである。つまりサニーは貧困家庭の子供である。

サニーが住むのはアメリカ合衆国のテキサスの田舎町である。街にある娯楽といえば、ビリヤード場と映画館そして時折開かれるダンス・パーティーである。

サニーにはデュエーンという親友がいる。サニーとデュエーンはジェイシーという金持ちのお嬢様が好きである。デュエーンはジェイシーと付き合い別れ、サニーはデュエーンがジェイシーと別れた後にジェイシーに誘惑されしばらくの間付き合うことになる。最後にはサニーもジェイシーに捨てられることになるのだが。

この映画の中に登場する既婚女性は不幸な境遇に置かれている。何が不幸なのか?それは彼女たちには職がなくて夫に愛されていない専業主婦であったり、職があっても夫は病気で借金があるという具合である。

つまりお金があってもお金が無くても不幸なのである。サニーもお金が無くて不幸という点では、この既婚女性たちと同じである。現にサニーは学校のフットボールとバスケットボールのコーチの妻であるルースと不倫の関係に陥る。

ルースは物質的には満ち足りているが、精神的には不安定な女性である。サニーとルースは不幸であるという共通点を持つために恋仲になったのではないかとも思われる。

サニーがよく通うビリヤードの店にはビリーという少年がいる。ビリーは知的障碍者だと思われる。街の大人たちはビリーが車にひかれて死んでも運転手のせいではなく、ビリーが知的障碍者だから仕方なかったと判断する。それを見たサニーは言う。「お前らなんかクソだ!!」と。

サニーは大学に行くお金もなく高校卒業後働きに出るが、デュエーンは貧しいためだろうと思われる仕事の選び方をする。それはどういうことかというと、デュエーンは軍隊に入るのである。デュエーンは朝鮮戦争に出兵する。

2000年代のアメリカでは貧しい家庭の若者は大学に行くために軍隊に入る。デュエーンは大学へ進学するとは思われないが、軍隊という選択肢を選ぶ。1950年頃の若者も、2000年以降の若者も貧しい者が選ぶ道は同じである。これが仕組まれたシステムだったら明らかに不幸である。