事実を立証する

映画「否定と肯定(原題:Denial)」を観た。

この映画は2016年のアメリカ・イギリス合作映画で、歴史映画だ。この映画は第2次世界大戦のナチス・ドイツによるユダヤ人大量虐殺についての映画だ。

この映画はホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)は実際に存在したというデボラ・リップシュタットという大学教授の女性と、ホロコーストはなかったというイギリスの歴史家デイヴィット・アーヴィングという男性が登場する。

リップシュタットとアーヴィングの対立がこの映画の中心だ。アーヴィングというのは1990年代から2000年代頃には既に日陰に隠れた存在だった。この時点でアーヴィングというのは過去の人だったのだ。

しかし、アーヴィングがリップシュタットの公演中に、公演に対して異議申し立てをしたことで、アーヴィングは異端の歴史学者として注目を集めることになる。

アーヴィングはイギリスでアメリカに住むアメリカ人のリップシュタットに対して訴訟を起こす。リップシュタットが彼女の本である「ホロコーストの真実」の中で、アーヴィングを侮辱したというのが、アーヴィングがリップシュタットを訴えた理由だ。

そしてこれを機にアーヴィングは歴史の書き換えを行うことにより、アーヴィングの名を歴史に残そうとするのだ。日陰に追い込まれていたアーヴィングは、ホロコーストはなかったという事実を作り上げることでカムバックしようとしたのだ。

ホロコーストはなかった」。この意見に対して、リップシュタットは激怒したし、実際にホロコーストための収容所に収容されていた人も自らの存在を示すために立ち上がろうとする。

しかしアーヴィングは論争の天才であった。激怒したリップスタットの姿を撮影して報道し、アーヴィングの正しさを引き立てたり、ホロコーストの収容者であったことを示す刺青をしている人の写真をアーヴィングはテレビに映して、こんなのはインチキだと、ホロコーストの実際の被害にあった人を侮辱する。

このようなアーヴィングにリップスタットの側の弁護士たちは、慎重な態度をとって対応する。弁護士たちはリップシュタットやホロコーストの被害にあったユダヤ人を証言台に立たせることはしない。

そんなことをしてもアーヴィングの思うツボだからだ。イギリスでは被告側が原告の過ちを立証しなければならない。疑う側よりも、疑われる側の方が多くの負担をする。疑いを持った者が有利の状況の中で、リップシュタットの弁護士たちはリップシュタットの本を手掛かりにホロコーストの存在を証明するのだった。

SFとDV、飲酒、侵略

映画「シンクロナイズドモンスター(原題:Clossal)」を観た。

この映画は2016年のカナダ・スペインの合作映画で、巨大なモンスターとロボットが登場するSF映画だ。この映画の主人公はグロリアという女性だ。グロリアは記事を書く仕事をして会社に勤めていたが、あるとき冗談半分でダジャレを記事のなかに書く。そのことが原因でクビにはならなかったが、勤めていた会社をリストラされてしまう。

そしてつきあっていたティムという男の部屋に居候することになる。そしてグロリアは友達に酒をおごってもらい、酒を飲んで朝ティムの部屋に帰るというような生活をしていた。

この映画はグロリアのじだらくな生活にうんざりして、ティムがグロリアを部屋から追い出すところからはじまる。

グロリアはニュー・ヨークを離れて、メインヘッドの誰も住んでいない実家に帰る。そしてそこで小学校時代の同級生オスカーに出会う。オスカーはグロリアのことが好きになる。しかしグロリアが興味をもつのはオスカーの連れのジョエルだ。

ジョエルとグロリアが関係をもつと、オスカーのグロリアに対する態度は一変する。オスカーは仕事での上司としての立場を利用してグロリアをコントロールしようとするようになる。

オスカーのコントロールが嫌ならオスカーの下でウェートレスとして働くのを辞めればいいだけのように思われる。しかしグロリアにはそうできない理由があった。それはオスカーとグロリアが、それぞれ韓国のソウルに出現するロボットとモンスターだったからだ。

グロリアはソウルにビルよりも大きいモンスターが出現したことに驚くが、そのモンスターが自分がした行為と同じことをすることに愕然とする。当初はふざけていたのだが、モンスターが都市を歩くことの現実に恐怖することになる。

モンスターが都市部を歩くと街が破壊される。当然死者も出る。グロリアはこの事実に気付き自分の行いを反省する。グロリアが反省に至る前に死者をモンスターにより出しているのだから。

グロリアはモンスターを操縦することをやめようとしたが、オスカーはやめようとはしなかった。オスカーはグロリアが自分の好意に反する行為をとろうとすると、街を破壊するグロリアをと脅す。

アメリカのへインヘッドの公園の砂場にある時間に行くと、モンスターとロボットがソウルに出現する。グロリアは想いつく。ソウルに行けばアメリカのメインヘッドにモンスターが出現するのではないかと。

モンスターはグロリアの想像したとおりにメインヘッドに出現し、オスカーをつかみ投げ捨てる。

この映画には飲酒という問題や、DVという問題、そしてアメリカによる世界の支配という問題が示される。オスカーはDV男で、飲酒してロボットを操るアメリカ人男性だ。ロボットを自動車と置き換えると理解しやすいかもしれない。

例えば、日本やアメリカやソ連朝鮮半島を20世紀前後に占領していた。ソウルがある韓国は、日本、アメリカ、ソ連の介入なしにはありえなかった都市である。これが事実だ。アメリカの介入つまりコントロールにより翻弄されたのが朝鮮半島であり、韓国であるともいえる。

贖罪の物語

映画「銃撃(原題:Shooting)」を観た。

この映画は1967年のアメリカ映画で、映画のジャンルは西部劇・ミステリーだ。この映画は復讐を描いた映画だ。

金鉱を掘る仕事をしている男たちがいた。その男たちとは兄ウィレット・ガジェイド、弟コイン・ガジェイド、リードランド・ドラム、コーリー・ボヤードだ。

ある時コインとリードランドはコーリーを金鉱に残して街へ行く。その時コインは大人の男と子供を馬で轢いてしまう。それは親子ではないかと思われる。コインはその場から逃げ追われる身となる。

そして街から帰ってきたリードランドは襲撃されて殺される。コインは遠くへ逃げ出した。コーリーは金鉱で自分が次に殺されるのではないかと怯えている。

そこにウィレット(ウィル)が来る。そしてその後に1人の女性ガンマンが金鉱に登場する。女ガンマンはウィルに対して、お金を渡す代わりにある人物を追跡して欲しいと願い出る。ウィルはお金を受け取り追跡を始める。

女ガンマンが追っているのはウィルの弟コインだ。コインが殺した父と子の母(子にとっての母、父にとっての妻)が女ガンマンであるのだろう。女ガンマンはウィルの他にも追跡者である殺し屋を雇っていた。

映画はコインを追いかけてクライマックスまで進んで行く。コインとその相方を追いかけてウィル、コーリー、女ガンマン、殺し屋のビリーという4人が追跡劇を繰り広げることになる。

映画ではコリンとウィルが双子であることが最後まで隠されている。ウィルと姿が同じコインをラストに目撃することにより、映画を観る者はコインがウィルと双子であることを知り、女ガンマンはコインに対する復讐を願っていた父と子の近親者であることが明らかになる。

それと同時にウィルの罪の浄化の物語であるようにもこの映画はみえてくるのだ。ウィルは昔、殺し屋として生計を立てていたことがある。人を殺すことを仕事としていたのだ。コインも人を殺した。コインの場合、それは仕事ではなかったが。

ウィルもコインも人を殺したという罪悪感を抱えて生きていることは同じだ。ウィルは自分と同じ姿をした双子の弟を徐々に追い詰めていく。それは自分の殺人という罪をまざまざと見つめ直すかのような行為だ。

ウィルにとってのコインの追跡は、ウィル自身の罪の追跡でもある。ウィルは最後に自分に瓜二つの人物を追い詰める。それは女ガンマンとウィルの心の救済だ。

なぜ勝たないと良いとされないのか?

映画「テキサスの五人の仲間(原題:Big Deal at Dodge City/A Big Hand for the Little Lady)」を観た。

この映画は1966年のアメリカ映画で、ポーカー・ゲームによるギャンブルを描いた西部劇映画だ。原題は2つ確認できたが、この両方ともポーカーの役が良いことを示すものだと思われる(big dealの意味は「大したもの」、big handの意味は「大きなかけ」だ)。

邦題のタイトルは「テキサスの五人の仲間」になっているが、これは映画中に登場する五人組である2つのグループを指していると思われる。この2つのグループは対立する関係にある。

一方は、P・C・パリンジャー、ドク、マリー、ジャッキー、メレディスからなる勝者のチームだ。他方は、ベン、ジェシーデニー、オット―、ベンから成る敗者のチームだ。ここに勝者と敗者と書いたが、この優劣は映画の最後でわかる勝敗によるものだ。

この映画の大まかな筋は以下の通りだ。ある街にはお金持ちの自己中心的な5人の男たちがいた。ベン、ジェシーデニー、オット―、ベンだ。彼らは年に1度だけ宿屋の奥の部屋で、1人3500ドルを賭けてギャンブルのポーカーをしている。

この5人は街で大きな顔をしていて、自分の立場が優位であることをいいことに、弱い人たちの必死の声も聴き入れようとしなかった。

例えばオットーは自らが弁護する被告を置き去りにして年に一度のポーカーにやってくるし、ヘンリーは自分の娘の結婚式の途中に突然ポーカー・ゲームへと行ってしまう。要するにこの街を支配する5人組は自己中心的で身勝手なのだ。

そこでこの支配者5人組を懲らしめるために、弱者の味方である5人組が結成される。その5人組がP・C・バリンジャー、ドク、マリー、ジャッキー、メレディスから成る弱者の味方の5人組なのだ。

映画中ギャンブルの素人であると偽ってポーカー・ゲームに勝つマリーを、支配者5人組は自らを負かしたマリーを素晴らしい女性だと言う。何故か?それは、5人組のいかさまポーカーで勝ったからだ。ただ素人の女性が。

この映画で疑問に感じるのは賭けに勝った人を負けた人が素晴らしいと評価するところだ。賭け事に勝たなければマリーはダメな人間なのだろうか?否、賭けごとき存在に人間の良し悪しが判断できるはずなどない。それはギャンブラーたちが依存して脱することのできない問題ある価値観のように思われる。

アメリカの押し付ける民主主義

映画「アトミック・ブロンド(原題:Atomic Blonde)」を観た。

この映画は2017年のアメリカ映画で、スパイ・アクション映画だ。この映画の背景には、1989年の11月のベルリンの壁崩壊がある。

映画の舞台となる場所は、西ドイツと東ドイツだ。民主主義国家と仲が良い西ドイツと、共産主義国家と仲が良い東ドイツがあり、この映画の戦闘シーンは主に東ドイツだ。

映画の主人公は、ローレン・ブロートンというアメリカ人だ。ローレンはCIAに所属する諜報員だ。そしてローレンはアメリカのCIAの諜報員として、イギリスのMI6と、ソ連KGBに潜入している。

つまりローレンは3つの国の諜報機関に所属しているが、ローレンの第1優先とする目的となるのは母国アメリカの利益だ。

この映画の中でキーとなるのは、諜報員の名前が載ったリストを誰が手に入れるかということと、二重スパイ、サッチェルとは誰かということだ。前述したように二重スパイサッチェルサッチェルとはローレンのことだ。

そしてもう1つのキーであるリストは誰の手に渡るか?ということであるが、答えをいってしまえば、リストなどもともとありはしないのだ。二重スパイサッチェル=ローレンの作った偽の情報である諜報員リストなるものは、アメリカの国益のためのおとりなのだ。

サッチェルと諜報員リストが繋がるのがこの映画の見どころであるのかもしれない。アメリカの作った偽の情報を巡って、イギリス、フランス、ソ連アメリカが対抗しあうのがこの映画の構造だ。

もちろんアメリカとしては自らの作り出した情報の有効性を確保するのがおもな対抗戦への参加の目的だろう。それに対してイギリス、フランス、ソ連アメリカの偽情報を本物であると信じているため、情報の非対称性が生じて、アメリカが優位に立つのだが。

この映画はアメリカのCIA職員であるローレンが母国に帰って幸せなのは良いとしても、アメリカの目的達成は、誰のためのハッピーなのかという疑問がよぎる。アメリカの進む道が常に正しいのだというのがこの映画の主張なのだろうか?

アメリカの進む道が常に正しい?東ドイツと西ドイツの統一が、ドイツの人々を幸福にしたのか?旧東ドイツと旧西ドイツの間に経済格差があったとしても、とりあえずは民主主義がドイツに成立して良しとしてもだ。

ドミニカ、グアデラマ、ニカラグアパナマ、中東に対してアメリカがとった行動は、良いことだったのか?仮にアメリカの推し進める民主主義とやらを良いとしても、これらの国に真の民主主義はもたらせられたのか!?

人体内の旅はサイケデリック

映画「ミクロの決死圏(原題:Fantastic Voyage)」を観た。

この映画は1966年のアメリカ映画で、SF映画だ。

この映画では、人や物が細菌のサイズになって、人体の中で人体の治療をするという空想的な話だ。人間や物を縮小する技術がこの映画の中では開発されている。政府主導によって。

だが、その縮小技術には欠点があった。その欠点とは、人や物を縮小できる時間が限られていることだ。その縮小する技術では人や物は60分だけ縮小することができる。

しかし、その60分のというタイムリミットをなくすことができる技術を持つ人物がこの映画には登場する。それはベネシュという人物だ。ベネシュは縮小のタイムリミットをなくす技術を持ってアメリカ(?)にやって来る。

しかし、ベネシュを乗せた車は何者かの襲撃に遭い、ベネシュは脳に重大な怪我を負ってしまう。その怪我の治療に、縮小する技術が使われることになる。

人の体内に、潜水艦を使って人が入る。その過程がこの映画そのものだ。

人の体へは、チームとなって入っていく。潜水艇には、治療者、操縦者、指揮官、そして警備の人間が乗る。なぜ人体の治療に警備員が乗るのか?それは何か知らないものが治療者たちを攻撃するかもしれないからだ。作品中のこの示唆が、この映画の緊張感をさらに高める。

この映画の原題はFantastic Voyageだ。直訳すると“風変わりな航海”。

体内の様子はコンピュータ・グラフィックスや模型を利用して作られているが、この映像が実に不思議な感じだ。そう言うならばこの映像はサイケデリックだ。体内の映像に現実的なもっともらしさを求めているというより、まるで異世界が人間の体内あるようだ。

映画のセリフにも「人体は宇宙だ」というようなものもある。そうこの映画の中で描かれる人間の体内は、空想的で、法外で、風変わりで、異様で、素晴らしいのだ。

この映画が撮影されたのは、1966年あたりなのだろう。1966年が映画公開年だとすれば、映画の製作は2年前ぐらいには始まっていると思われる。その年は1964年となるのだが、この60年代にはサイケデリックなカルチャーが流行していた。

1967年にはサマー・オブ・ラブがあり、ヒッピーたちが街にあふれた。ドロップ・アウトしたり、ドラッグをやる人もいた。サイケデリックな60年代が生んだトリップ(旅)がこの映画なのではないのか?

被害者と加害者

映画「エル ELLE(原題:Elle)」を観た。

この映画は2016年のフランス・ベルギー・ドイツ合作映画で、映画のジャンルはスリラーだ。この映画のタイトルはフランス語で彼女を意味する。

この映画のタイトル通り、この映画の主人公はミシェルという女性(=彼女)だ。ミシェルは50代ぐらいの女性で、両親を持ち息子と息子の妻もいる。又、映画中両親は死ぬが、息子と息子と妻との間には、息子の実の子ではないが、子供が生まれる。

この映画の冒頭でミシェルは黒い覆面の男に襲われる。そしてレイプされる。しかしミシェルはレイプされたことを通報しない。レイプの犯人はミシェルの隣人のパトリックという男だ。

パトリックは暴力的な行動をとることでしか、性的に興奮することができない。いわゆる性的倒錯者だ。

ミシェルはそんなパトリックの歪んだ性欲を何と映画中で受け入れようとする。しかし、ミシェルはパトリックと自身との関係を歪んだものだと認識して、パトリックがミシェルをレイプしている最中に息子のヴァンサンに頭部を打撃させる。

このシーンの前でミシェルはこう言う。パトリックに対して。「あなたは、これが初めてじゃないわね。もうこんなことは終わらせましょう」と。

パトリックが女性をレイプしたのは1度だけではないとミシェルは推し測る。そしてパトリックの妻もパトリックの性的被害者の1人だったのではないかとこの発言から予測できる。

映画の最後の方でミシェルとパトリックの妻レベッカと会話するシーンがある。レベッカは言う。「ミシェル。あなたがパトリックの倒錯した性愛を受け入れてくれたことに感謝します」と。

ミシェルもレベッカもパトリックの性的倒錯について、パトリックが加害者であり、しかしながらもしくはパトリック自身が、自身の歪んだ性愛の犠牲者でもあったととらえているような視線がここには見られる。

しかしレイプはあくまでレイプだ。しかしそこで加害者が加害者になってしまった経緯を理解せずには、レイプの防止には繋がらない。

この映画の主人公ミシェルの父は27人の人を殺した殺人犯であり、母は若い男をあさるし、ミシェルの友人の夫とミシェルは浮気しているし、ミシェルの元夫の恋人の食べ物の中にミシェルは楊枝を入れる。

とにかくミシェルの存在は通常の通俗的な存在ではない。世間の目を超越しているところにミシェルはいるのかもしれない。レイプの被害者でありながら、レイプの加害者の気持ちを理解する女性ミシェル。そのミシェルの姿は、キリスト教徒たちの前にも悪として映るのだろう。