人と犬

映画「犬ヶ島(原題:Isle of Dogs)」を観た。

この映画は2018年のアメリカ・ドイツ合作映画で、ストップモーション・アニメーションによる映画だ。この映画の主人公は、小林アタリという少年と、その少年の友達であるスポッツとチーフという2匹の犬だ。

この映画の舞台は日本だ。この映画の中では、日本にメガ崎市という場所が存在し、その市長が小林ケンジという、小林アタリ少年との血縁者だ。小林家はこの映画の舞台となる時代の1000年前から犬を排除しようとしてきた一族だ。

小林ケンジは1000年続く伝統の通りに、犬たちを排除しようとする。小林市長は、医薬品会社、市権力、人口生命を作る民間企業、ヤクザを使って、犬たちの排除を進めようとする。

まず製薬会社は、動物の体に発生する病気を市内中にばらまく。そしてその病気にかかった犬たちを支庁の力によって隔離する。その後、犬の代用として、民間企業の作った人工生命を利用する。

犬の排除に反対するする人々に対してはヤクザを使い、賄賂を贈ったり、恐喝、脅迫、暴力をふるって権力に従わせる。

この過程で利益を上げるのは、人工生命体を作る企業だが、この民間企業を儲けさせるために、市、製薬会社、ヤクザが行動しているのだから、民間企業の利益が、市、製薬会社、ヤクザに還元されるのは明らかだ。

この映画の中で印象的に描かれているのは、犬という存在だ。犬は古くから人間に従うことで生きながらえてき動物だ。犬とは差別用語として、従順な無能力者を指す。映画中登場する犬で、人間の部下として当初存在しているのはスポッツだ。

そしてそれと反対に人間に従おうとしないのがチーフという犬だ。

映画中この2匹の立場は入れ替わる。スポッツは主人から独立し、チーフはアタリ少年に従おうとするのだ。

映画のラストには人間と犬との対等な関係というものが生じる。

この映画の中には大衆の姿ははっきりと登場しないが、小林ケンジ市長を支持するのは、小林ケンジ市長に洗脳された、もしくは洗脳されなかったが賄賂を渡された人たちだ。

この人たちは小林市長の犬ではなかったらなんなのだろうか?という疑問がこの映画を観ていると生じてくる。主人に対してただ従順であるだけの人間たち。その人間たちはきっと無能ではないはずだ。そう思えるシーンとして、トレイシー・ウォーカーという少女が描かれる。人間と犬だけでなく、人と人とも対等なのだ。

秘められた同性愛

映画「君の名前で僕を呼んで(原題:Call Me By Your Name)」を観た。

この映画は2017年のイタリア・フランス・ブラジル・アメリカ合作映画で、エリオという少年と、オリヴァ―という青年の恋愛を描いた、恋愛青春映画だ。

この映画の舞台はイタリアのどこかだ。そのどこかとは都市ではなく、夏を過ごすため、バカンスを過ごすための休養地だ。

エリオの父は大学の教授らしくそのもとへオリヴァ―がやって来るところから映画は始まる。エリオの元には毎年どうやら勉強のために人が来ている様子だ。

この映画は一言で言うならば、男性同士の誠実な恋愛映画だ。エリオとオリヴァーはなかなか接近しないし、濃厚なラヴシーンあるということもない。ただエリオを中心として見た世界がぼんやりと描かれているだけだ。

オリヴァーはエリオを同性愛の世界に誘おうかどうしようか迷っている。この映画では同性愛の置かれる状況というのは詳しく述べられないが、オリヴァーがエリオに対してオープンに「好きだ!!」と言わない所からも、同性愛が秘められた当事者たちだけの秘め事であることが伝わってくる。

またエリオの父がエリオにこう語りかけるシーンもある。「通常親というものは、息子が同性愛に向かうことを避けるものだ。私も同性愛を感じたが、その気持ちはおしとどめた。しかし、エリオ。お前は自分の気持ちに従いなさい」と。

異性愛同士の恋愛を隠す必要はないし、異性愛者の親が「お前にその道はすすめない」とは言わない。同性愛者の置かれた立場の狭さのようなものがここから良く感じられる。

この映画の時代設定は1980年代だ。1980年代には、公式に同性愛が認められるものではなかったのだろう。この時代の持つ息苦しさのようなものが、ラストのシーンのエリオの涙からくみとることができる。

この映画では古代ギリシアの彫像が取り上げられる。エリオの父とオリヴァーは、この古代のギリシアの彫像についてどうやら研究しているらしい。2人は彫像のフィルムを映し出しながらこう口にする。「なんて官能的な像だ」「素晴らしい」と。

古代ギリシアの彫像には官能的な欲求つまり、性欲の喜びを満たすために作られたという歴史的経緯があるようだ。古代ギリシアでは、同性愛は公然として認められていた。しかし歴史が現在に近づくにつれて、同性愛はタブー視されるようになった。そしていまやっとそのタブーが開かれかけているのだ。

復讐という浄化過程

映画「スリー・ビルボード(原題:Thee Billboards Outside Fbbing,Missouri)」を観た。この映画は2017年のアメリカ映画で、娘を殺された母親の復讐にとらわれた姿を描いたドラマ映画だ。

ミズーリ州のエビングで、1人の若い女性がレイプされた後焼かれて焼死体としてみつかる。その女性の名前はアンジェラ・ヘイズといい、ミルドレッドの娘だった。ミルドレッドはアンジェラと言い争いをしていた。

「ママが車を貸してくれないと、レイプされて死んじゃうわ!!」「レイプされればいいわ!!」

この娘と母との言い合いが現実のものとなってしまうことになる。

この映画はミルドレッドの娘アンジェラが殺されて数カ月たった後のことが描かれている。主となるのはミルドレッドと警察の対立だ。

アンジェラが殺されたにも関わらず、警察は捜索をしてくれない。これがミルドレッドの言い分で、実際警察は犯人捜しを諦めている。そこでミルドレッドは「レイプされて死亡」「犯人逮捕はまだ?」「なぜウィロビー署長」という広告板を道路わきに掲示したり、警察署に火炎瓶を投げつけたりする。

人々の注目を引いて娘アンジェラを殺した犯人を警察に捜させようとするのが、ミルドレッドの目的だ。

その警察署には他の多くの警察署と同じように、黒人差別やゲイ差別をする警官がいる。その典型例として、この映画で描かれるのは、ディクソン巡査という人物だ。

ディクソンは自分の気に入らないことがあると暴力を使って片づけようとするタイプの、黒人嫌いで、ゲイ嫌いの人物だ。

しかし、この映画の中でディクソンは自らの態度を180度あらためることになる。そのきっかけは癌で死んでしまいそうな署長からの手紙であり、ミルドレッドが投げつけた火炎瓶の火事だ。

これらがディクソンをただの暴力者から、正しい者へと導くことになる。

ディクソンはバーでレイプの告白をする男を発見する。この男はDNA鑑定の結果、無罪と判断される。このレイプ魔の元軍人は、アンジェラが殺された事件当日には国外にいたことになっている。しかもこの元軍人は、当時、軍の指揮下に置かれていたので、これ以上調べることができなかった。

ディクソンは、ミルドレッドと共に、映画のラストにこの軍事を殺すかもしれない旅に出る。2人はこの元軍人を殺すかもしれないし、またはそうしないかもしれないと述べて、この映画は終わる。

ミルドレッドは復讐により、殺しをすることを否定するこの映画は終わる。冷静な復讐者は果たして、復讐者として適任なのか?いや、ミルドレッドは冷静になっているように見えるだけなのだろうか?

黒人と女性

映画「マーシャル 法廷を変えた男(原題:Marshall)」を観た。

この映画は2017年のアメリカ映画で、黒人の権利の獲得のために闘い、アメリカの最高裁判所の黒人初の判事になったサー・グット・マーシャルを中心として描かれた伝記映画だ。この映画の中には、黒人の権利の獲得のために闘った2人の弁護士が登場する。

1人は黒人のサー・グット・マーシャルであり、もう1人はユダヤ系の白人であるサム・フリードマンだ。

この2人は映画の舞台となる1941年頃から既に黒人の権利の獲得のために闘い、公民権運動を行っていくことになる。1941年当時アメリカには全米黒人地位向上協会が既に登場していた。この協会の唯一の弁護士であったのが、サー・グット・マーシャルだ。

1941年にアメリカで「グリニッチの悪夢」が起こる。この事件は、白人の既婚女性が、黒人の運転手にレイプされたという内容だった。全米黒人地位向上協会(NAACP)は、いち早く、この事件が黒人であるがゆえの冤罪であることを見抜き、コネチカットにサー・グット・マーシャルを送る。

コネチカットでは、マーシャルは事件の被告となっていたジョセフ・スペル黒人運転手の弁護をしようとするが、コネチカットの判事に、君はコネチカットの弁護士ではないから、裁判で発言することは禁止すると言われる。

そこでマーシャルの代わりに弁護士として闘うのは、コネチカットフリードマンフリードマンの弁護士事務所のサム・フリードマンというユダヤ系の白人男性だ。

映画が進行すると、この事件には黒人差別と同時に、女性差別の背景があることがわかってくる。事件の真相はこうだ。レイプされたと言っているストルービング夫人は実はレイプされておらず、夫人とジョセフの間には合意によるセックスがあったというものだ。

ストルービング夫人は、夫から暴力を受けていた。その上、世間では忌避されている黒人男性とのセックスをしたとばれたら生きてはいけない。女性として虐げられて、その上に人種差別が被さってきたら、通常人は困惑する。ストルービング夫人の動揺には何も理由がないわけではない(しかし、当時の黒人女性はこの2種類の差別の中で生きていたのだが)。

つまり、レイプされてたことを訴えたストルービング夫人もまた、ジョセフと同様に社会の差別により、追い詰められた人だったのだ。

映画中、マーシャルとフリードマンが、白人の男たちに暴力を受けるシーンがある。このような事実の前に、ストルービングの怯え方は裏付けられる。そして、こうも思う人は差別を乗り越えるべきなのだと。

非合法な情報収集

映画「ザ・シークレットマン(原題:Mark Felt:The Man Who Brought Down the White House)」を観た。この映画は2017年のアメリカ映画で、FBIで副長官を務めたマーク・フェルトという人物についての伝記映画だ。

時は、1970年代でニクソンが大統領を務め、ベトナム戦争が抜け出せない戦争となったころだ。ニクソン大統領は、大統領選に勝利するために、ワシントンの民主党本部に侵入した(もちろんニクソン大統領当人ではなく、ニクソンの指令を受けた元CIAや元FBIの人間だが)。

このことは当時大スキャンダルになり、この事件、つまりウォーターゲート事件がきっかけとなって、ニクソンは大統領の職を辞することになった。マーク・フェルトはFBIで副長官を務めていたと前述したが、マーク・フェルトが副長官だった時の長官とはフーバーだ。

フーバーとは巨大な権力を持つ男だった。フーバーはFBIの力を使って膨大な個人情報を集めていた。そのターゲットはフーバーの恣意により決められていた。つまりフーバーはFBIの組織力を、自分の懐疑心を満たし、権力を維持するために利用していた。

そういうわけで、当時のFBIの元には膨大な量の個人情報があった。そのことを国民は知らなかった。当然のようにマーク・フェルトはその事実について知っていた。FBIの職員には、キング牧師を盗聴して、キング牧師の妻に、キング牧師の不倫の証拠を送りつけたりしている。

FBIは当時何でもありだったのだ。

マーク・フェルトは、フーバー長官が死んだ後に、残ったあらゆる秘密を知る男だ。例えば、ホワイトハウスの人間の家族や愛人についての情報もつかもうと思えばつかめたし、現につかんでいたのだ。

そして、FBIの盗聴の利用者にニクソンもなっていたのだ。

マーク・フェルトは、映画中「ニクソンはFBIを使って、民主党を盗聴していた」という。マーク・フェルトニクソンが犯罪者であるという事実をつかんでいた。大統領の秘密の犯罪まで知り尽くしていたのがFBIの副長官だったマーク・フェルトなのだ。

ちなみにベトナム戦争は、秘密の犯罪ではなく、公式な犯罪だったといっていいのかもしれない。

情報の非対照性が権力を生み出す。情報を持つ者が常に勝者たりえるとこの映画は語っているかのようだ。FBIは政府を敵に回して勝利した。情報をつかむことの重大さがここにはうかがえる。情報は力だ。この場合の情報の入手の方法は非合法的で、下劣だが。

自分を解放すれば、他人を受け入れられる

映画「ナチュラルウーマン(原題: Una mujer fantástica)」を観た。

この映画は2017年のチリのドラマ映画であり、この映画の主人公はトランス・ジェンダーの女性マリーナ・ヴィダルだ。マリーナは男性の体を持って生まれた女性だ。

マリーナには恋人がいた。オルランド・オネットというオネット・テキスタイル社の社長である男だ。そしてマリーナとオルランドは不倫関係にあった。オルランド・オネットは既婚者であり、オルランドとその妻ソニアの間にはブルーノという息子がいた。

世間は不倫には厳しい。結婚の規範がまだ強く残っている社会では、結婚という行為の契約違反に当たる不倫は世間の冷遇を浴びる。結婚制度というものは、男性の財産を散財させないように婚外子を認めないものだ。

男性が不倫でできた子供に財産を与えると、財産は嫡出子のみに相続する場合よりも、子細かく分かれることになる。つまり、子1人当たりの財産は小さくなる。よって不倫は厳しく罰せられることになる。

一族の財を保つためにマリーナはこの映画の中で、正式な家族から冷たく時に暴力的にあしらわれる。オルランドの妻も息子もマリーナに対して非常に冷たい。マリーナはオルランドをただ愛しており、オルランドもただマリーナを愛していただけだ。

愛する気持ちに正直に生きているだけなのに世間の目は冷たい。世間の結婚に対するイメージというものがマリーナを追い詰めていく。

世間の結婚に対するイメージとは、世にいう理性というものから生じたとされている。人間にはそもそも神のものであるような理性が恩寵により与えられるのだと。

理性を重視する立場に対して、情念を良しとして考える考え方がある。情念に近づくものは愛であり欲求だ。情念から遠のくと憎悪が生じる。人は情念に近いときにこそ人間らしいという考え方だ。

神のものである理性を諦めて、人間は情念を見つけ出した。ただ人は心の中にある情念の近くにいつもいられるわけではない。内的規範と外的規範がぶつかり合い、情念から遠く離れた位置に感情が着地する時もある。人間は常に愛に満ちてはいられない。

さて理性とは情念に近い位置とは何なのだろうか?それぞれの持つ基準というものが存在する。例えば理性はAを良しとし、Bを悪いとするような基準のことだ。この基準は常に見直される必要がある。基準を固定してはいけない。この世界のどうにもならなさに対して我々は敏感でなければならないのかもしれない。

否、どうにもならないのではない。どうにでもありえるということが大切だ。どうしようもなく生物学的男性が生物学的男性を愛するというのではない。男が男を、女が女を愛するのは世界が偶然性に開かれているからだ。

愛を、知っているか、知らないか。そして愛を、信じるか、信じないか。

映画「KUBO/クボ 二本弦の秘密(原題:Kubo and Two Strings)」を観た。

この映画は2016年のアメリカ映画で、3Dアニメ映画だ。この映画の舞台は、お盆の日本だ。そしてこの映画の主人公はクボという少年だ。この映画は、クボの父と母と祖父そしておばさんたちについての映画だといっていい。クボ一家の物語が、この映画なのだ。

クボは、父はハンゾウという人間の男で、母は月の世界の人だ。そしてクボの母方の祖父は月の帝(みかど)だ。そしてクボの母の妹2人も月の住人だ。

クボは幼い時に左目を祖父にとられている。祖父がクボの目をとった理由というのは以下である。それはクボの持つ人間の目は、月の世界の住人にとっては下らないものしか映らないからだ。

人間の目には映るが、月の人の目には下らないものとは何か?それは愛だ。月の帝である祖父には、人間の愛が見えないのだ。月の帝の死角は愛だ。

ここで一番問題なのは、月の世界と人間の世界の常識とが異なることだ。月の世界の住人にとっては愛なき世界が常識的な世界だ。一方、人間に言わせれば愛こそが生きる糧なのだ。

月の帝は人間には正しいものが見えないと思っている。月の帝は自分の娘たちにこう吹き込んでいる。というより、月の帝自身が信じ切っていることがある。それは、人間たちはいずれ月の世界を脅かす存在になるということだ。

こう考える時点で月の帝は、既に人間不信に陥っている。人間とは互いに戦争するような下等な生き物であると、月の帝は思い込んでいる。

しかし、ここで思い出したいことがある。それは人間の本質は本来悪であるといった人物のことだ。それは17世紀の思想家のトマス・ホッブズだ。イングランドの思想家であるホッブズはこう言う。

人間は自然状態においては闘争状態だと。つまり人間は性が悪であるから、ほっておけば争いを始めるというわけだ。ホッブズはこの争いの状態を鎮めるために一人の主権者を立てて、そこに各人の自然権を委ねるという契約をするのだと言う。

ここで明らかなのは、ホッブズは人間の愛というものに対する観察が浅薄だということだ。月の帝もホッブズも人の愛を信じていない。それは人の持つ愛を知らないということなのかもしれない。