読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不条理なもの

映画「鳥(原題:The Birds)」を観た。

この映画は1963年に公開されたアメリカ映画であり、鳥が人を襲うというパニック、サスペンス映画である。この映画の主要人物はメラニー・ダニエルズとミッチ・ブレナーというカップルで、ミッチの母親であるリディアとミッチの妹であるキャシーも共に主な登場人物である。

サンフランシスコで暮らしているメラニーは、休日をデボガ湾で過ごすサンフランシスコ在住の弁護士ミッチの家にミッチの好意により訪れることになる。しかしデボガ湾に訪れたことにより、鳥の襲撃という恐ろしい体験をメラニーはすることになる。

この映画の中では何度も執拗に鳥が人間を襲う描写がある。鳥は何故人間を襲うのか?その理由について映画の後半で少し触れられる。それはデボガ湾のバーのシーンである。メラニーが鳥に襲われたことを、現地の住人やバーにいる人たちに説明すると、その話を聞いていたバンディという老婆が「鳥はそんなことはしません」「鳥よりも有害なのは人間です」と言う。つまり地球にとって有害な人類は鳥から攻撃を受ける理由が充分にあるのである。

つまり鳥は自分たちにとってもっとも有害な人類を殺そうとするのである。ここで言う“人類の有害さ”とは何か?それは、人間による環境破壊のことだろう。人類は自らの文明の発展のために大地に有害な物質を撒いている。そんな人類が攻撃の対象となるのは必然的なことであると映画は言っているように思える。

しかしバンディという人物はこうも言う。「鳥は脳ミソが小さいから人を襲うなんてことは考えつきませんよ」と。鳥は何故人間を襲ったのか?それは科学的には証明できないことなのである(ちなみにバンディという老婆は鳥について趣味で学んでいる)。

つまり鳥はつじつま合わせでは説明できないような不条理の象徴のような存在なのである。

バーにいる酒飲みの男が聖書のエゼキエル書6章と、イザヤ書5章を引用するシーンもある。その男は叫ぶ。「世界の終わりだ!!」紙の裁きが人間を襲っているというのである。エゼキエル書イザヤ書というのは旧約聖書に出てくる部分である。

旧約聖書の神というのは不条理な神である。旧約聖書にはヨブ記という部分がある。ヨブという男が特に理由もなく神に試されて悲惨な目に合うという部分である。これぞ不条理という話である。

映画の中の鳥も理由なしに人を襲う不条理な存在であるのではないだろうか?映画の中には「愛の鳥」が登場する。その2羽の鳥は、世界が鳥という恐怖で覆われた後も仲良く生きている。2羽の仲睦まじい様子が愛の象徴であるのなら、少しは気が紛れる気がする。