読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女性の経済的充実と女性の生き方の多様性とは?

映画「ヒート(原題:Heat)」を観た。

この映画は1995年のアメリカ製作のアクション映画で、映画の主演はアル・パチーノロバート・デ・ニーロである。映画の中でロバート・デ・ニーロはニール・マッコーリーという強盗犯を、アル・パチーノはニールを追い詰める刑事ヴィンセント・ハナを演じている。

ニールとヴィンセントは刑事と刑事に追われる犯罪者という反対の違いがあるが、2人は実は共通点がある。それはお互いに、仕事第一で家庭を顧みないところである。ニールは仕事(犯罪)をして捕まりそうになったら、好きな女を捨ててでも逃げるのが流儀だと言うし、ヴィンセントは家庭にいる時間を作って欲しいという妻の願いも虚しく、ポケベルで仕事に呼び出されればすぐに仕事場へ飛び出して行く。

この映画の中では主人公ニールとヴィンセントの女性に対する扱いを表すように、苦悩する女性が登場する。まずはヴィンセントの妻ジャスティンである。ジャスティンはヴィンセントに家にいる時間を作って欲しいと望むが、映画の最後までヴィンセントはジャスティンの願いを聞き入れることができない。

次はジャスティンの娘であるローレンである。ローレンはヴィンセントの実の子供ではなくて、ジャスティンの前の夫との子供である。ローレンは自分の父親に捨てられたくなくて、父親の気を引こうと必死である。

ローレンは苦悩している。映画の終盤で、ローレンはヴィンセントの泊まっているホテルの浴室で動脈を切ってバスタブに浸かった姿で発見される。ローレンは自らの精神の苦痛に耐えられなくなったのである。

病院に搬送されローレンは一命をとりとめる。ローレンの自殺未遂のために母ジャスティンはより苦悩を抱え込むのである。

そして最後にニールの恋人イーディ。イーディはニールの流儀通りに、ニールに捨てられ一人になることになる。イーディは書店で働きながら、夜デザイナーをしている人と関わるのが苦手な孤独な女性である。ニールの逃避行話に人生を振り回されるのだ。

以上がニールとヴィンセントに関わる女性たちの話である。しかし、まだ他にも映画の中で窮地に立たされる女性はいる。その一人は、ニールの仕事仲間であるクリスの妻シャーリーンである。

シャーリーンは一人息子と共に警察に呼び出されてこう言われる。「お前が警察に協力しないなら息子の人生は無茶苦茶だ。お前が刑務所に入ったら息子は施設をたらいまわしにされて、いずれは犯罪者だ。息子がそうならないためにも警察に協力しろ」。

この映画ではハードボイルドの影に存在する不幸な女性たちの姿が描かれている。女性の自立が難しい世の中では女性は男性の経済力に頼るしかなくなる。機会の均等は必要である。