読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これは誰の選択か?

 映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ(原題:Once Upon A Time In America)を観た。

 禁酒法時代(1920~1933)のアメリカを描いた映画で、映画の主要人物たちは、アメリカのニュー・ヨークのユダヤ人街のギャングである。特に主要な人物としては、ヌードルズ(チンピラ集団のリーダー的存在)とマックス(集団の準リーダー的存在、時として主リーダとなる)がいる。

 ヌードルズとその他4人(マックスを含む)は貧乏な家庭の出身であるらしく、自分たちの小遣い稼ぎに盗みを繰り返している。そのうちに5人は、自分たちの住んでいる管轄の警官(男)が未成年(女の子)とセックスしているのを写真に撮り、それを脅しの種に使って、自分たちの行う犯罪を見逃すという条件を警官から取り付ける。

 やがて大人へと成長したヌードルズたち5人は、6人目の仲間といえるファット・モーの店の裏で、当時禁止されていた酒を販売するために酒の密輸を行っている。

 ある日ヌードルズはマックスの女にこう言われる。「マックスは連邦準備銀行を襲うなんて、とんでもないことを考えている。だからマックスを今のうちに警官に引き渡して、そんな無茶な計画はやめさせて」と。

 それを聞いたヌードルズは酒を密輸するという情報を警官に密告して、マックスを刑務所の中に閉じ込めようとする。しかし実際は、ヌードルズの仲間が全員警察の襲撃によって死ぬ事になる。

 その事件から35年後、ヌードルズはマックスに再開する。再開したマックスは事件が警察とマフィアとマックスがグルになって起こしたことだと認め、自分はヌードルズから金も女も友達も奪ったのだと言う。

 マックスは偽名を使って長官にまでなったが、汚職がバレて、殺されそうになっている。マックスは机の上に銃を置いてこう言う。「ヌードルズ、俺はもうすぐ殺されることはわかっている。だからどうせ死ぬならお前に殺されて死にたい」と。

 しかし、ヌードルズはマックスを殺さずにその場から立ち去る。「お前を俺は恨んでいない」という言葉と共に。

 この映画は男同士の友情を描いた物語なのだろうか?ヌードルズという人物には欠点もある。それは女性に対しての態度の問題である。ヌードルズは初恋の人のことをトイレからずっと覗いているし、その初恋の人との最初で最後のセックスはレイプである。

 ヌードルズの幼少期、少年時代は安定したものではなかった。それがヌードルズをこういう人格に育てたのかもしれない。ヌードルズの生きていた世界は、そんなに生易しいものではなかった。ヌードルズは荒々しく育ったのだ。これは誰の選択か?ヌードルズか?ヌードルズの両親か?国か?神か?それとも、もしかして私たちの選択なのか?