読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

復讐者

 映画「ロスト・ハイウェイ(原題:Lost Highway)」を観た。

 この映画はデビット・リンチ監督による、アメリカ、フランスの合作映画である。

 この映画の主人公は2人の男であり、この2人の男というのは実は1人の男である。つまり片方の男がフレッド・マディソンであり、フレッドが変身をしてピート・デイトンという男になる。物語の最初はフレッドで、物語の中盤ではピートに変身し、そして物語の終わりでピートはフレッドに戻る。

 フレッド/ピートは同じ女性を愛する。その女性にも2つの名前があり、フレッドの前に現れる時はレネエという名で登場し、ピートの前に現れる時はアリスという名前で現れる。

 主人公の男はフレッド=ピートであり、ヒロインはレネエ=アリスである。

 物語の始まりの方で、フレッドの妻(レネエ)が殺されて、フレッドは刑務所に入ることになる。フレッドは刑務所の中でピートに変身する。すると警察はフレッドがピートになったことに驚くが、罰せられているのはフレッドであり、ピートには関係ないことなので、ピートは釈放されることになる(警察はフレッド=ピートである事実を受け入れない)。

 ピートの前にある時エディ(ディック・ロラント)という男に連れられたアリス(レネエ)が現れる。2人は一目で恋に落ちる。エディの女であったアリスはピートと恋仲になるが、そのことがエディに知られるのはまずいので、エディの知り合いのアンディの家に強盗に入り、お金を盗んで逃げましょうと、アリスはピートを誘う。

 ピートは強盗をしてその家の住人アンディを殺し、砂漠に逃げる。逃げた砂漠でピートはフレッドに変身をする。そして、フレッドはエディを殺す。

 物語の中で正体不明の男が登場する。それは顔を白く塗った眉なしの男である。謎の男は物語の最初で「私はあなた(フレッド)をいつも見ている」と言う。そして物語の最後ではエディ(ディック・ロラント)を銃で撃ち殺す。

 しかしなぜエディとアンディは殺されなければならなかったのか?それは彼らがフレッドの妻レネエを殺したからであろう。物語の後半でフレッドがピートの時にアリス(=レネエ)はこう言う。「私は昔自分が知らないうちにポルノ映画に出たことがあるの」と。エディとアンディは何か不都合なことが生じたため、レネエ(アリス)を殺したのだろう(エディとアンディはポルノ映画や何かやばいことに関わっていた?)。その理由は映画では明示されない。

 謎の男は最初正体不明の不可解なものとして登場するが、映画の最後ではレネエ殺害の復讐者として登場する。映画の中でアリスは故買屋の男として謎の男をフレッドに紹介する。

 映画の冒頭でフレッドの家にインターホンで「ディック・ロラントは死んだ」と言うのは、復讐をした後のフレッドである。つまり時間の前後関係が狂っていることになる。物語の始まりが物語の終わりに繋がる。

 この映画の中の変身も、謎の男も、時間の捩れも、映画の中にSFホラーの要素が入り込んだためではないだろうか?この映画は、スリラーであり、SFであり、ホラーである。