読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個々の中の抑圧が、やがて社会の抑圧になる

 映画「イミテーション・ゲーム(原題:The Imitation Game)」を劇場で観た。

 映画の舞台は第二次世界大戦前後のイギリスで、主人公はイギリスに実在した天才数学者アラン・チューリングである。

 第二次世界大戦時、イギリスはドイツと戦っていた。ドイツは着々とヨーロッパを侵略し、イギリス本土も空襲を受けるようになっていた。イギリス軍は何とかして敵の暗号化された通信を解読して、ドイツを倒そうと暗号解読を母国の学者たちに任せる。その依頼を受けた人物の一人が、アラン・チューリングである。

 彼は暗号解読のために暗号解読のための機械を作ることを考える。それが後の“コンピュータ”の元となる機械である。映画のタイトル「イミテーション・ゲーム」とは、コンピュータの思考能力を評価するためのゲームのことである。

 コンピュータと人間に対して質問をして、その答えを、どちらが人間の答えかコンピュータの答えかを隠しておいて、第三者(答えの主を知らない人)に、その答えがコンピュータのものか人間のものかを当てさせるゲームである。

 この時、人間とコンピュータの答えの区別がつかないならば、そのコンピュータは優秀であるといえる。

 物語の終盤でアラン・チューリングは、「イミテーション・ゲーム」をしようと言い、政府の機密として隠されている自身の素性を話して、その判定を刑事に任せる。私は人間かコンピュータか?私は犯罪者なのか(暗号を解読したことをドイツに知られると、ドイツが別の暗号を作りだすので、暗号を解読していても、危機を逃れるかどうかは統計によって判断されていた。つまり、イギリスのどの場所が攻撃をされるか知っていながら、それを自国の政府には隠して、攻撃の予告がわかっていても攻撃されるがままにしていた)。それとも英雄なのか?とアラン・チューリングは刑事に問う。

 すると刑事は言う「私には判定できない」と。それを聞いたアラン・チューリングはこう言う。「それでは君は私の助けにはならないね」と。この時アラン・チューリングは自分のことを神のようなものではなくて人間として見て欲しいと訴えているようだ。(アランは自分をイミテーションゲームにかけたのだからコンピュータとしてみては欲しくないと言っているのかも。しかしアランはコンピュータという不思議な機械の創造者でもあるが。)

 彼は同性愛者でもあって学生時代(10代半ば?)にクリストファーという自分と同じ年ぐらいの少年を好きになっている。ある日クリストファーの突然の死を学校の校長(?)から告げられるが、アランはクリストファーと親しかったことを認めようとはしない。

 自分の気持ちを心の奥深くに封じ込めようとする。イギリスでは当時、同性愛者は犯罪であり、同性愛者は人々から嫌われていた。同性愛者と周りに知られれば、ひどい扱いを受けることは目に見えている。彼は自分の気持ちを抑圧せざるえなかったのである。

 彼は死ぬまで自分が同性愛者であることを隠そうとしていた。彼は男娼を買ったことを警察に知られて(アランはこの時の捜索者である刑事に対してイミテーション・ゲームをした)、ケンブリッチ大学の教授を首になっている。

 大学を首になるとともに、同性愛という罪により、刑務所に入るか薬物治療を受けるかの選択を迫られて、アランは薬物治療を受けることを選ぶ。はっきり言って無茶苦茶な扱いである。彼は1年間薬物治療を続けたがその後自殺をしている。

 彼は社会から抑圧されていたのだ。自らの同性愛を自ら抑圧せざるえないように抑圧されていたし、婚約者の安全は保証しないと母国のイギリスMI6に脅されて、彼女との関係も終えていた。彼に心の休まる場所はなかった。彼は追い詰められて、追い詰められて居場所を無くしていたのだ。そして死んだ。

 彼は人として受け入れられることなく死んでいったかのようだ。彼が自分の同性愛を受け入れることができなかったのは、彼の性格によるところもあるかもしれないが、それにしても社会からの抑圧は相当のものがあったに違いない。

 映画の最後に、自分たちに関する資料を処分するように言われて、彼らが多くの書類を燃やすシーンが挿入される。そのシーンは少しだけ開放的だ。こんな残酷な判断を迫った計画なんて燃やしてしまえ!!人間の作り出した規範(例えば同性愛禁止)なんて自然の前には脆い(注:規範がなければいいと言いたいのではない)。

 

※社会が自らの同性愛的な態度を抑圧することにより、同性愛が抑圧される。つまり、社会の成員一人一人の中で起こる抑圧が、社会に反映されている。つまり、我々の同性愛に対する態度が、同性愛者を苦しめている。抑圧はその人その人の中で生じていて、それが集まると“社会的な抑圧”にあるのである。問題は我々一人一人に還元することができる。

 

※婚約者は「私たちは変わり者だから」と言って同性愛者のアランを慰めようとする。しかしアランはこう思ったのではないか?僕は変わりものなんかじゃない!!!